屋上緑化で電気代節約!!環境にもいい効果!!


屋上緑化による各建物でのメリット

かつての住宅は屋根裏が高く設定されていて、屋根に強い日差しが照り付けてもその熱が室内まで伝わりにくいようになっていました。さらに風通しが良かったので、部屋に降りてきた熱もどんどん外に逃がされるようになっていました。しかし今は空調や壁材などによって暑さや寒さをしのぐ住宅が多くなっています。一方で屋根に近い部分は直接太陽が照り付けるので室温が上がりやすく、冷房費用が掛かりやすくなっていました。屋上緑化によって屋上に土や植物をおくと、屋根に直接太陽の日差しが照り付けません。ですからその下の部屋も何もしていないよりも室温が上がりにくいです。冬は何もしていないと冷たい風が吹きつけますが、屋上緑化をしていると冷たい風を遮ってくれます。

屋上緑化をすると環境にどんな効果があるか

各家庭に太陽光発電を設置するときがありますが、まずは各家庭における電気料金の節約などに貢献してくれるのでしょう。それ以外に地球全体の温暖化を減らす効果もあります。もちろん一軒だけが行っても効果は少ないですが、多くの屋根に設置をすればそれなりに温暖化を防げるかもしれません。太陽光発電と同じように地球環境に良いとされるのが屋上緑化です。各家庭などにもメリットがありますが、地球全体やそれぞれの地域にメリットがあるとされています。都市部においてはヒートアイランド現象が問題になっていますが、多くの建物に屋上緑化を施せば解消できるかもしれません。その他雨水を土などに貯めてくれるので、都市部での水害を減らせる効果も期待できます。

屋上緑化とは、屋上を利用して植物を育て、床面を緑で覆うことです。二酸化炭素排出抑制や、ヒートアイランド現象の緩和などが期待されています。人に対しての癒し効果もあるといわれます。