機械式時計の手入れは大変そう?オーバーホールに出せば安心!


機械式時計を購入するなら

機械式時計は電池式と違って、定期的にメンテナンスをしなければいけません。メンテナンスと聞くと、面倒くさいと考える方もいるでしょうが、自身で行わなければいけないことはほとんどないです。

本格的なメンテナンスは、プロに行ってもらうものです。そのため、機械式時計を購入するときは、メンテナンスに対応するお店を探しておきましょう。特に高級時計の場合はメンテナンスをすることで、寿命をかなり延ばせるため、利用しないのはとても勿体ないことです。

なお、機械式時計のメンテナンスは、オーバーホールと呼ばれています。

オーバーホールが必須の理由

オーバーホールというのは、腕時計の裏ぶたを開けて、内部を点検と修理することです。歯車やゼンマイなどで動いているのが機械式時計なので、それらの一部に不具合が出ると、故障してしまったり動かなくなってしまったりします。それを未然に防ぐために必要なのがオーバーホールです。毎日、正確な時間を刻んで欲しいなら必須の行為なので、定期的に行うようにしましょう。

なお、オーバーホールを行えるお店は、時計屋とメーカーの二つになります。それぞれのサービス料や納期が異なるため、自身の希望を叶えてくれるところに腕時計を預けるとよいでしょう。ネットショップもあるので、宅配でのオーバーホールも可能です。

ちなみに、裏ぶたを開ける器具や時計油などの道具を揃えれば、自身でも行えますが、技術力が必要なので素人が簡単に行えるものではありません。

オーデマピゲは、1875年に設立されたスイスの高級時計・宝飾品メーカーです。世界三大高級時計メーカーに数えられ、代表的なモデルにロイヤル・オークがあります。