思い出をかたちに残そう!写真の残し方と依頼方法


思い出の残し方はいろいろ!

カメラで思い出を撮りためているものの、現像せずにそのままになっている人も多いことでしょう。思い出をかたちに残す方法としては、データで管理したりフォトブックやアルバムを作成したりするのが一般的です。データで残しておけば場所を取ることもなく、パソコンやスマートフォンですぐに見ることができます。また、1枚1枚現像してアルバムを作るのも昔から人気の方法です。しかし、なかなか現像が追い付かずアルバム整理もそのままになりがちな人は、フォトブックを注文するのも良いでしょう。また、キーホルダーやカレンダーなどのアイテムを作るサービスもあるので、家族はもちろん普段離れて暮らしているおじいちゃんやおばあちゃんにプレゼントしても喜ばれます。

フォトブックなら大量の写真がコンパクトにまとまる!

フォトブックを作る場合、どの写真を使うのかある程度決めておく必要があります。どれも素敵な写真ばかりで悩んでしまうときには、使える写真枚数が多いタイプを選びましょう。店頭のパソコンや機械を使って自分で編集することもできますし、スタッフにおまかせすることも可能です。インターネットで依頼できるサービスもあるので、自宅で簡単に申し込みができます。背景やデザインなど希望に合ったものを選べるので、世界に1冊だけのオリジナルフォトブックが作れるのが魅力です。子供の成長や結婚式、イベントや旅行などさまざまな思い出を1冊にまとめることができます。データのままだとなかなか見る機会がないという人にもぴったりの写真の残し方です。

家族や友人との旅行、大切な記念日、結婚式、誕生日などたくさんの画像データをフォトブックにしてみませんか?自分だけの大切な一冊を手軽に作ることができます。プレゼントにも喜ばれます。