自分の顔の形を考慮する!メガネの上手な選び方


顔全体の印象を決めるメガネ

メガネは顔の印象を決める重要なアイテムです。自分の顔に合ったメガネを選ぶことでより良い印象を他人に与えることができます。メガネを上手にかけるためのコツは、メガネをかけたときの目の位置です。メガネをかけたときの目の位置が悪いとネガティブな印象を与えてしまうので、鏡を見ながら自分に最適なものを選ぶ必要があります。選ぶ際に気をつけなければいけないポイントは、目の位置が上に来すぎないようにすることです。目の位置が極端に上側にあると、顔全体の印象が不安定になってしまいます。メガネをかけたときに目が上のフレームの近くに寄ってしまうのは、ブリッジの部分が長すぎることが原因です。ブリッジが短いものを選ぶことによって目の高さを調節できます。

顔とのバランスを保つ選び方

メガネをかけたときに顔の形に合っていないと、目の位置が下側に来る場合もあります。この場合もメガネが顔に合っていないことが原因です。ブリッジの部分が短すぎると、かけたときに目の位置が下よりになってしまうので、自分の顔の幅に合ったものを選ぶのがポイントです。またメガネのサイズが合っていない場合、目の位置が顔の外側に寄ってしまう場合もあります。これは顔の大きさに対してメガネが小さすぎることが原因です。正しいサイズのメガネを選ぶことで、掛けたときにメガネの中心部分に目を置くことができます。それとは反対に、顔の大きさに対してメガネが大きすぎると、掛けたときに目の位置がブリッジ側に寄るので、バランスが悪くなります。この場合も正しいサイズのメガネを選ぶことで上手に解決できます。

目が疲れる原因は、主には度数があっていない事があげられます。又、用途にあっていない事も原因として考えられます。近くを見るときと、遠くを見るときでメガネを上手に使い分ける事がポイントです。